近視進行抑制治療


お子様の近視進行を抑制する点眼治療

施設写真当院では、マイオピンという点眼薬を1日1回点眼することによって近視の進行を抑制する治療を行っております。 マイオピンは小児期の近視の進行を抑制する目的で0.01%アトロピンを配合した点眼薬です。この点眼薬はSingapore National Eye Centre(シンガポール国立眼科センター)の研究に基づいて開発されたものです。



近視の進行を抑制することが大切な理由

近視は環境要因と遺伝的要因によっておこります。特に環境要因としては長時間の近見作業によって近視が進行することがわかっています。携帯ゲームやスマホの普及、漫画、勉強とますますお子様が近くを見る時間が増えています。よく「近視は治りませんか?」とご質問を頂きますが、実は子供の近視の多くが眼軸長が延長する軸性近視で、1㎜伸びただけで-3D近視が進むと言われています。長時間の近見作業は眼軸長を延長させ、一度伸びてしまった眼軸長はもとに戻らないです。施設写真近視はメガネをするのが嫌だから予防しましょうというのではありません。強度な近視になると将来、網膜剥離、緑内障、黄斑変性といった眼科疾患に罹るリスクが高くなるため、強度近視を予防することがとても重要です。強度近視は中途失明原因の5番目です。



マイオピンは眼軸長の進展を抑制することで近視の進行を抑制

 

施設写真

2年間でPlacebo(偽薬)群が-1.2D近視が進行したのに対して0.01%アトロピン群では-0.49Dの近視化に抑えることが出来ました。

※シンガポール国立大学の臨床試験で、0.01%アトロピンの近視抑制効果が証明されました。

 


マイオピンの特徴

副作用がほぼ皆無の良好な近視抑制薬です。近視の進行を平均で約60~70%軽減させると言われています。日中の光のまぶしさに影響を及ぼさないため、 サングラスもほぼ不要です。目の遠近調節機能(手元を見る作業)に殆ど影響を与えません。 近見視力の低下に殆ど影響を与えず、更に累進屈折眼鏡も不要です。毎日就寝前に1滴点眼するだけの、非常に簡単な治療法です 。目薬(1本5㎖)は 両眼用で1カ月の使い切りです。点眼薬はGMP (医薬品製造管理および品質管理基準)準拠の工場で製造されています。



マイオピンの安全性

1.アレルギー性結膜炎及び皮膚炎の報告はありませんでした。
2.眼圧に影響を与えないとの報告でした。
3.白内障を形成するとの報告はありませんでした。
4.点眼終了後も目の遠近調節機能の低下、また瞳孔がひらき続けてしまうという報告はありませんでした
5.電気生理学上、網膜機能に影響を与えるという報告はありませんでした。

※シンガポール国立眼科センターの研究でアトロピン0.01%の効能・効果及び安全性が報告されています。



費用について

この治療は保険適応外の自費診療になります。 お薬代は1本2,500円(税込)、診察・検査代は3,000円~4,000円(税込、検査内容により異なる)となります。初回は6,000円 となります(税込、診察2回、検査1回と点眼1本を含む)。お薬は両眼用で1か月間の使い切りとなっています。初回診察後は3か月ごとの診察・検査をおこないます。

※注意:自費診療と保険診療を同日に併用することはできません。例えば、マイオピン治療の定期検査日に一緒に結膜炎の診察・治療をおこなうことはできません。別日に受診する必要があります。