Add-on 眼内レンズ手術


Add-on(アドオン) 眼内レンズとは

方針イメージ

Add-on 眼内レンズとは既に白内障手術をされて眼内レンズが挿入してある目に、追加で挿入できる眼内レンズで、単焦点と多焦点のレンズがあります。白内障手術で矯正できなかった近視・遠視・乱視を矯正し、裸眼での見え方を改善することが可能です。また、単焦点眼内レンズで白内障手術を受けられた方は多焦点タイプのAdd-on眼内レンズを挿入することで、眼鏡の使用頻度を減らす事が可能となります。手術時間は10分ぐらいで日帰り手術が可能です。

Add-on眼内レンズの種類

Add-on眼内レンズには単焦点と多焦点があり、それぞれ乱視用もあります。

Add-on(アドオン)眼内レンズのメリット・デメリット

メリット

  • 白内障手術で残ってしまった遠視・近視・乱視の屈折誤差を矯正することが可能です。
  • 既に単焦点眼内レンズで白内障手術を受けられた方でも、多焦点のAdd-on 眼内レンズを使用することで遠くも近くも見えるようになり、眼鏡の使用頻度を減らす事が可能となります。
  • 目に合わなければ、取り出して元の状態に戻すことが可能です。

デメリット

  • 健康保険が適応されないため費用は全額自費になります。

<多焦点Add-on眼内レンズの特徴>

  • 夜間や暗い場所では街灯や対向車のライトがにじんだり、まぶしく見えるグレア・ハローといった現象が起こりますが、多くの方は時間経過とともに慣れて気にならなくなります
  • 眼鏡を使わなくても手元が見やすくなりますが、小さい文字を見るときは眼鏡を使用した方が楽な場合もあります。

Add-on眼内レンズの費用

費用は片眼(税抜き)です。術前後3か月までの検査・診察・お薬の費用を含みます。